セレモニー・コンダクターズの始まりは、設立者のエム・Kurechiが民放アナウンサーを退職して、1ヶ月程ヨーロッパ親善交流旅行をした事がきっかけでした。
 イギリス滞在中、親日家の教会での結婚式・披露パーティに招かれ、その心地よさに、日本の結婚披露宴を変えてみたいという思いが湧いてきました。
 新郎・新婦がお飾り物とならずに、列席して下さった方々と共にベストハーモニーを醸し出せる様な、思い出作りのお手伝いが出来るのではないかと考えたのです。 1970年代の事でした。

 そして帰国後、司会者というよりはウェディングセレモニーの指揮者(コンダクター)としてマイクを握ってみようと、東京で活動を開始しました。
 当時、婚礼司会者といえば男性でしたので、当初の依頼数は僅かなものでしたが、女性司会者として友達・姉の様な気持で接し自然で温かく楽しい司会に努めた結果、評判も良く、口コミでどんどん仕事の輪が広がって行きました。

 エム・Kurechi1人で仕事をこなす事は不可能となり、心と技を持っている仲間の協力を得て Ceremony Conductors Co.,Ltd(セレモニーの指揮者達)が誕生しました。
 これからの人生を励まし助け合い力となって下さる方々との集いの場が心と心の交流のベストスタート地点になってほしいと常に願い、この30年で一万組以上のカップルを担当させて頂きました。

 現在は、ウェディングだけでなく、トータルライフセレモニーコンダクターとして、セレモニー、パーティ、ミーティング作りのお手伝いや相談・アドバイスも承っております。


                        
Top Home  セレモニー・コンダクターズ